MENU

精力剤は薬局で販売している?

精力剤はもちろん薬局でも販売しています。
しかし、薬局で精力剤を買うのは非常に勇気が必要になってきます。
特に女性の店員さんだった場合、非常に恥ずかしいです。
ラベルにでかでかと精力アップと書かれていたら、言い逃れすることも出来ませんので、静かに会計を済ませ、足早に店から出ることしか出来ません。

 

薬局で精力剤を購入するのは非常にリスクが高いですね。
しかも、どの精力剤が効果があるのかもよくわかりません。
と言うより、薬局で売られている精力剤はどれもあまり変わりないものばかりです。

 

マカと言う精力に効果のある成分が含まれていても、不純物が大量に含まれていると意味がなくなってしまいます。
ネット上でも薬局で売られている精力剤はほとんど気休め程度と効果のなさを良く見かけます。
なので、薬局でも精力剤は売られていますが、あまりおすすめはできません。

 

 

凄十の効果

薬局で売られているもので、唯一と言ってよいほど少し効果のあるものがあります。
それが凄十と言う精力剤です。
凄十にはすっぽんやマカ、サソリの粉末、トナカイの角の粉末等精力アップのために欠かせない成分が非常に多く含まれています。
そのため、飲み続けることで他の精力剤よりは精力が回復する可能性があります。
また、レッドブルというエナジードリンクと一緒に飲むとより効果が増すようです。
というのも、レッドブルにはアルギニンが非常に豊富に含まれているので、勃起力が増す効果があるようです。
薬局で売られている精力剤の中では最も効果が高いものになるので、もし薬局で購入しようと思っている方は試してみてください。
ただ、やはり他の精力剤よりは多少効くという程度のものなので、過信は禁物です。

薬局,精力剤

あくまでも、試しに使用してみると言うスタンスで飲んでみると良いと思います。

 

 

なぜ薬局の精力剤は効果がない?

なぜ薬局の精力剤が効果がないのか?

精力剤には医薬品に分類されるものとサプリメントなどの健康食品に分類される物の2種類があります。
薬局ではこの2種類をはっきりと区別して置かないといけないので、医薬品と健康食品とを比べるとどうしても効果が出ないものが多くなってしまいます。

バイアグラに代表されるような医薬品では大きな効果は期待出来ますが、一時的なものに過ぎませんし、副作用もあります。
そのため、安全性を重視すると健康食品で身体の体質を改善するものが必要になってきます。
安全性を重視するとどうしても即効性がなく、時間がかかってしまうと言うデメリットがあるので、効果が出る前にやめてしまう方も多いのではないかと思います。
また、健康食品であまりに効果の高いものは薬局には置けないということになっているので、どうしても効果が薄くなってしまいます。

本当にすぐに効果を得たいなら、薬局ではなく、通販で効果のある精力剤を購入することをおすすめします。

 

 

パッケージにだまされないようにする方法

コンビニでも精力剤が売られている時代ですが、薬局でもコンビニでも気をつけたい事があります。
それがパッケージです。

人は見た目が派手なものに目が行きがちになります。
そのため、成分などを確認もせずに派手なパッケージのものを買ってしまいがちです。
それでは効果を得ることは非常に難しくなると思います。
どの成分がどれくらい含まれているのかをしっかりと把握していくことが非常に重要になります。
例えば、マカというのは東南アジアなどに自生する植物なのですが、アルギニンの量が豊富で精力アップに効果的とされています。
そのため、精力剤には良く使われるのですが、このマカの分量を良く確認することです。

マカ100g中のアルギニンの量は610mg程度です。
マカ1g配合と書かれていたら、610÷100=6.1mgということになります。

これに対してレッドブルに含まれているアルギニンは1本で222mgも含まれています。
このように計算していくとどれが最も効果が高そうかがわかってくると思います。

見た目の派手さに惑わされず、しっかりと成分を確認していくことが重要です。

 

 

精力剤を買う時の注意を覚えたら

「薬局で買うべきか、通販で買うべきか」

を判断していきましょう。

 

外部サイト

増大サプリメントとして話題沸騰中のゼノファーEX。
その秘密を大暴露しているサイトです。

ゼノファー